優良顧客に成長するポテンシャルが高い“優良見込顧客郡”の効果的獲得を可能にする次世代のCRM戦略

従来のCRM戦略

従来のCRMは、目の前に顕在化している顧客を維持拡大させる顧客関係性マネジメントです。

Monetary(購買金額)Frequency(購買頻度)などの軸で顧客セグメントを作成して顧客を定義します。

既存顧客の中でもLucky CustomerやBetter Customer等をLoyal Customerに育成することで、優良顧客層を拡大することがCRMの主眼とされてきました。

※Lucky Customer(購買金額は高いが、購買頻度は少ない顧客)

※Better Customer(購買頻度は高いが、購入金額が少ない顧客)

データ分析に基づくCRM戦略

しかし、これからのCRM戦略では、既存顧客の育成に留まらず、新規顧客の獲得の領域においても、顧客データ分析の実践によるマーケティングROIの最大化が重要となります。

ただ闇雲に新規のお客様を獲得するのではなく、”選択と集中”により、確度の高いターゲットにリソースを集約することが必要です。

優良顧客の属性や購買行動に共通する特徴をデータ分析により明らかにし、プロファイリングの結果と合致する特徴を持つ潜在顧客導き出すことで、優良顧客に成長するポテンシャルのある”優良見込顧客郡”への効果の高いアプローチすることが可能となります。

データ分析に基づくCRM戦略

しかし、これからのCRM戦略では、既存顧客の育成に留まらず、新規顧客の獲得の領域においても、顧客データ分析の実践によるマーケティングROIの最大化が重要となります。

ただ闇雲に新規のお客様を獲得するのではなく、”選択と集中”により、確度の高いターゲットにリソースを集約することが必要です。

優良顧客の属性や購買行動に共通する特徴をデータ分析により明らかにし、プロファイリングの結果と合致する特徴を持つ潜在顧客導き出すことで、優良顧客に成長するポテンシャルのある”優良見込顧客郡”への効果の高いアプローチすることが可能となります。

優良見込顧客群へのアプローチ

従来のマスに対するアプローチでは実現できなかった”優良見込顧客郡”の効率的獲得が可能となり、費用対効果の高い新規顧客獲得が実現します。